山行報告詳細(2021年度)

第2665回報告 支部健康登山 №8 
        明神ヶ岳

実施日 1月6日(水)  天気 晴れ   係:板垣恵美子、記録:高木千代美

報 告 大雄山駅に集合した6名はバスに乗り、終点道了尊で下車。新年のお参りをした後、境内の明神橋を渡って登山道へ入る。暫くは杉の大木が聳え立つ寺の山林を登っていく。植林の杉林や背丈ほど深くえぐられた山道を歩く頃には、青空は消えてどんよりとした空模様となる。勾配は途切れることなく続き、時々休憩をして息を整えながら見晴らし小屋に辿り着いた。更に進むと水場の明神水だが、この日は一滴の水も流れていない。途中、霜柱が土を押し上げてキラキラと白く光っている。ススキ原を過ぎると最後の踏ん張り所となるぬかるみだ。僅かな距離だが赤土の泥んこ坂道はなかなか手強い、足が滑る。靴底にたっぷりと泥を付けて、やっとの思いで稜線に出た。間もなく先客4名が休憩している山頂に到着。辺りは一面霧に包まれ見晴らしはなかったが、頬を刺す冷たい空気がなんとも心地よい。ランチ休憩の後は笹や雑木林の道を下り、宮城野営業所前バス停にて解散。無事に一日を歩き終えてそれぞれの帰路についた。

コースタイム 大雄山駅8:34…道了尊8:45最乗寺初詣…明神ヶ岳登山口9:25…見晴小屋11: 30…神明水12:02…明神ヶ岳12:22/13:04…宮城野分岐13:47…明星ケ岳14:35/14:40 …宮城野営業所バス停15:50 解散

参加者 ◎板垣,〇小澤、高橋(有)、高橋(昇)、高木、城戸(体験)   計6名